2000年07月23日

ゴミを調べる〈3〉社会活動とゴミ

ゴミを調べる〈3〉社会活動とゴミゴミを調べる〈3〉社会活動とゴミ
(2000/06)
塚本 治弘
価格:¥ 2,625 (税込)  1500 円以上国内配送料無料
商品詳細を見る

ゴミについての調べ学習で浮かんでくる、様々な疑問や問題点に答えるシリーズ。3では、地域社会、学校、会社という大きい単位でゴミや環境の問題を考えるほか、観光地や外国のゴミ問題、さらに地球レベルのゴミ問題まで扱う。

【商品の説明】
現在、日本では約6億トンの資源を外国から輸入しています。輸入資源の半分は燃料です。国内では建設に使う砂利などの資源約11億トンを掘り出して、これらを使って生産活動をおこなっています。この生産活動の結果、約12億トンの製品がうみ出されるいっぽう、約4億トンの産業廃棄物がうまれます。生産された製品のうちの約6割の約7億トンが輸出されますが、生産のために出たゴミはすべて国内に残ります。約4億トンの産業廃棄物のうちリサイクルされているのは、現在約1億トンです。わたしたちがこのままのペースでゴミを出しつづけていると、やがて日本はゴミでおおわれてしまいます。いま、社会全体でゴミをへらす活動をしなければならないときがやってきているのです。

【目次】
第1章 わたしたちの地域社会とゴミ(公共の場所でのゴミ分別
会社や学校でのゴミ分別とリサイクル ほか)
第2章 ゴミから見た外国(地球がゴミにおおわれる
世界の国ぐにとゴミ ほか)
第3章 産業廃棄物とリサイクル(わたしたちのくらしと産業廃棄物
産業廃棄物とリサイクル ほか)
第4章 国や自治体の政策とゴミ(公共工事のゴミとリサイクル
ふえつづける核のゴミ ほか)

続きを読む


posted by 地球温暖化 at 06:25| 環境問題と地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴミを調べる〈2〉住まいと身の回りのゴミ

ゴミを調べる〈2〉住まいと身の回りのゴミゴミを調べる〈2〉住まいと身の回りのゴミ
(2000/06)
塚本 浩弘
価格:¥ 2,625 (税込)  1500 円以上国内配送料無料
商品詳細を見る

ゴミについての調べ学習で浮かんでくる、様々な疑問や問題点に答えるシリーズ。2では、住まいやくらしの道具に関わり合いがあるゴミについて、どんなところでどんなゴミが生まれ、どうしたらゴミを減らせるのかを考える。

【商品の説明】
家やくらしの道具に使われる材料は、最近プラスチックを使っているものがふえました。このため家やくらしの道具が不要になりゴミになったとき、くさらない、燃えにくい、こわれにくいというプラスチックの特長や、プラスチックそのものの種類の多さがゴミ処理をむずかしくしています。どんなとき、どんなところで、どんなゴミがうまれるのか。どうしたらゴミをへらすことができるのか。…くらしのゴミとリサイクルについて調べてみましょう。

【目次】
第1章 住まいのゴミ(家をこわす
家を建てる ほか)
第2章 くらしの道具とゴミ(ふえつづけるくらしのゴミ
家庭電化製品のゴミ ほか)
第3章 身の回りのゴミとリサイクル(プラスチックとゴミ
ペットボトルとリサイクル ほか)
第4章 ゴミとわたしたちができること(ゴミが多い都市のくらし
ゴミになるまでの期間 ほか)

続きを読む
ラベル:ゴミ問題
posted by 地球温暖化 at 06:15| 環境問題と地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴミを調べる〈1〉衣・食生活とゴミ

ゴミを調べる〈1〉衣・食生活とゴミゴミを調べる〈1〉衣・食生活とゴミ
(2000/06)
塚本 治弘
価格:¥ 2,625 (税込)  1500 円以上国内配送料無料
商品詳細を見る

ゴミについての調べ学習で浮かんでくる、様々な疑問や問題点に答えるシリーズ。1では、衣・食生活の側面から、商品を作るときや消費によって生まれるゴミ、それらのゴミを減らす工夫とリサイクルなどについて考える。

【商品の説明】
ゴミは毎日のくらしのなかでうまれてきます。ゴミになるものを考えてみましょう。たとえば衣料品では、やぶれたり、とれないシミがついて、着られなくなったりしてすてられるものが、また衣料品を買ったときの包装紙や紙ぶくろ、ポリぶくろなどもゴミになります。食料品では、トレーやラップフィルムなどの容器や包装、調理のときに切りすてた食材の不要な部分がゴミになります。さらに食べ残したものもゴミになります。いっぽう、わたしたちが直接見ることがない場所、たとえば衣料品や食料品が小売店にならぶまでのあいだにも、ゴミがうまれています。

【目次】
第1章 くらしの衣生活とゴミ(衣服がゴミになる
衣服をゴミにしないためにできること
衣服作りとゴミ ほか)
第2章 くらしの食生活とゴミ(食卓から出る生ゴミをへらそう
食卓から出る容器ゴミをへらそう
食卓へとどける加工食品の製造とゴミ ほか)
第3章 ゴミの歴史(縄文や弥生時代のゴミ
江戸の町のリサイクル
使いすてで発展してきた戦後の日本 ほか)

続きを読む
ラベル:ゴミ問題
posted by 地球温暖化 at 06:05| 環境問題と地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。