2005年07月23日

この病気にこの名医―日本の医学界をリードする!最新決定版

この病気にこの名医―日本の医学界をリードする!最新決定版!!この病気にこの名医―日本の医学界をリードする!最新決定版!!
(2005/10)
松井 宏夫
価格:¥ 1,470 (税込)  1500 円以上国内配送料無料
商品詳細を見る

【商品の説明】
頭痛、うつ病からがんを含めた生活習慣病まで…。最新治療法で、その実績を築き上げる医師たちを徹底取材。病気がわかる、名医がわかる全国病院ガイド付き。 プライマリ・ケア医師の選び、名医の探しの参考となる一冊。

【目次】
がん
脳神経
精神神経

耳鼻咽喉
心臓・血管・呼吸器
腎・高血圧・内分泌代謝
消化器・肛門
泌尿器
子宮・卵管・卵巣
骨・関節

【商品の詳細】
# 単行本: 367ページ
# 出版社: 主婦と生活社 (2005/10)
# ISBN-10: 439113148X
# ISBN-13: 978-4391131482
# 発売日: 2005/10
# 商品の寸法: 21 x 15 x 2.8 cm

続きを読む
posted by 地球温暖化 at 10:44| 健康・医療・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

アジアリサイクル最前線―動き始めた循環資源

アジアリサイクル最前線―動き始めた循環資源アジアリサイクル最前線―動き始めた循環資源
(2005/03)
経済産業省産業技術環境局リサイクル推進課
価格:¥ 2,625 (税込) 1500円以上国内配送料無料
アジアリサイクル最前線 - 商品詳細を見る

産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会国際資源環境ワーキング・グループが、平成16年5月の設置から5ヶ月間、集中的に行った国際資源循環問題に関する議論の報告書。

【商品の説明】
人類は様々な物質循環を利用することによってはじめて経済活動を行うことができます。しかし、長い期間経済活動を行ってきたことが物質循環の乱れの原因となりました。人類は今後どのような資源循環システムを作るべきかが問われています。今後ビジネスセクターを中心とした広域の資源循環システムを作り上げる必要があります。特に、東アジア圏域を中心とした効率的な資源循環型社会構築が日本にとって当面の課題になります。その場合に一定のルールあるいは行動の枠組みが必要となります。本書では、第1章で国際資源循環問題の現状分析を行い、第2章で、国際資源循環問題についての、基本的な方向性や視点について整理を行い、第3章で、持続可能なアジア循環型経済社会権構築のための具体的な考え方や各主体が果たすべき役割を提言しております。第4章では、我が国における今後の総合的な施策展開の方向性を述べています。また、参考資料集として、図や表を多数取り扱い、複雑な数値等を判りやすく掲載しております。国際資源循環ワーキング・グループ委員からの報告内容や寄稿文も掲載し、具体的な提言を多数盛り込むとともに、巻末に、中国における循環型経済社会形成に向けた動向を掲載しており、貴重な参考資料となっております。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

【目次】
1 国際資源循環問題を巡る現状
2 対応に向けた基本的な方向性と視点
3 持続可能なアジア循環型経済社会圏構築のための課題―具体的な考え方・各主体が果たすべき役割
4 我が国における今後の総合的な施策展開の方向性
委員からの報告内容
寄稿文
参考資料集

【登録情報】
# 単行本: 285ページ
# 出版社: 経済産業調査会 (2005/03)
# ISBN-10: 4806527238
# ISBN-13: 978-4806527237
# 発売日: 2005/03
# 商品の寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cmアジアリサイクル最前線 - 続きを読む
ラベル:リサイクル
posted by 地球温暖化 at 03:15| 環境問題と地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

紙はよみがえる―日本文化と紙のリサイクル

紙はよみがえる―日本文化と紙のリサイクル紙はよみがえる―日本文化と紙のリサイクル
(2005/02)
岡田 英三郎
価格:¥ 2,520 (税込) 国内配送料無料
日本文化と紙のリサイクル - 商品詳細を見る
【商品の説明】
私たちの祖先はリサイクルの達人ぞろいだった!地球資源の危機が叫ばれる今、モノの大切さを訴える声は日ましに高まっている。私たちの祖先は貴重だった紙をどのようにリサイクルしたのだろう?数々のエピソードをまじえ、日本人と紙との深い関わりを明らかにした“紙のリサイクルの歴史”34話。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岡田 英三郎
1942年京都市生まれ、1966年京都大学農学部農芸化学科大学院修了、花王株式会社にて研究・開発に従事、2000年に出向先の社団法人日本化学工業協会を退職。在職中より、「総を歩く会(千葉県の古代遺跡を探訪する会)」や「古代東京お上りさん会(東京都の古代遺跡を探訪する会)」を主宰。現在日本・紙アカデミー理事、橿原考古学研究所友史会会員、(NPO法人)東アジアの古代文化を考える会会員、明治大学博物館友の会会員、東北・関東前方後円墳研究会会員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【目次】
プロローグ 一枚の紙で5度のオツトメ
第1章 紙には魂が宿る
第2章 紙を漉き返す
第3章 紙の余白を利用する
第4章 モノを包む
第5章 補強する
エピローグ 「古紙」と「故紙」

【登録情報】
# 単行本: 149ページ
# 出版社: 雄山閣 (2005/02)
# ISBN-10: 4639018762
# ISBN-13: 978-4639018766
# 発売日: 2005/02
# 商品の寸法: 18.6 x 13 x 1.4 cm - 続きを読む
ラベル:リサイクル
posted by 地球温暖化 at 02:00| エコロジー・ECO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。