2005年07月06日

紙はよみがえる―日本文化と紙のリサイクル

紙はよみがえる―日本文化と紙のリサイクル紙はよみがえる―日本文化と紙のリサイクル
(2005/02)
岡田 英三郎
価格:¥ 2,520 (税込) 国内配送料無料
日本文化と紙のリサイクル - 商品詳細を見る
【商品の説明】
私たちの祖先はリサイクルの達人ぞろいだった!地球資源の危機が叫ばれる今、モノの大切さを訴える声は日ましに高まっている。私たちの祖先は貴重だった紙をどのようにリサイクルしたのだろう?数々のエピソードをまじえ、日本人と紙との深い関わりを明らかにした“紙のリサイクルの歴史”34話。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岡田 英三郎
1942年京都市生まれ、1966年京都大学農学部農芸化学科大学院修了、花王株式会社にて研究・開発に従事、2000年に出向先の社団法人日本化学工業協会を退職。在職中より、「総を歩く会(千葉県の古代遺跡を探訪する会)」や「古代東京お上りさん会(東京都の古代遺跡を探訪する会)」を主宰。現在日本・紙アカデミー理事、橿原考古学研究所友史会会員、(NPO法人)東アジアの古代文化を考える会会員、明治大学博物館友の会会員、東北・関東前方後円墳研究会会員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【目次】
プロローグ 一枚の紙で5度のオツトメ
第1章 紙には魂が宿る
第2章 紙を漉き返す
第3章 紙の余白を利用する
第4章 モノを包む
第5章 補強する
エピローグ 「古紙」と「故紙」

【登録情報】
# 単行本: 149ページ
# 出版社: 雄山閣 (2005/02)
# ISBN-10: 4639018762
# ISBN-13: 978-4639018766
# 発売日: 2005/02
# 商品の寸法: 18.6 x 13 x 1.4 cm - 続きを読む


ラベル:リサイクル
posted by 地球温暖化 at 02:00| エコロジー・ECO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。