2000年07月23日

ゴミを調べる〈3〉社会活動とゴミ

ゴミを調べる〈3〉社会活動とゴミゴミを調べる〈3〉社会活動とゴミ
(2000/06)
塚本 治弘
価格:¥ 2,625 (税込)  1500 円以上国内配送料無料
商品詳細を見る

ゴミについての調べ学習で浮かんでくる、様々な疑問や問題点に答えるシリーズ。3では、地域社会、学校、会社という大きい単位でゴミや環境の問題を考えるほか、観光地や外国のゴミ問題、さらに地球レベルのゴミ問題まで扱う。

【商品の説明】
現在、日本では約6億トンの資源を外国から輸入しています。輸入資源の半分は燃料です。国内では建設に使う砂利などの資源約11億トンを掘り出して、これらを使って生産活動をおこなっています。この生産活動の結果、約12億トンの製品がうみ出されるいっぽう、約4億トンの産業廃棄物がうまれます。生産された製品のうちの約6割の約7億トンが輸出されますが、生産のために出たゴミはすべて国内に残ります。約4億トンの産業廃棄物のうちリサイクルされているのは、現在約1億トンです。わたしたちがこのままのペースでゴミを出しつづけていると、やがて日本はゴミでおおわれてしまいます。いま、社会全体でゴミをへらす活動をしなければならないときがやってきているのです。

【目次】
第1章 わたしたちの地域社会とゴミ(公共の場所でのゴミ分別
会社や学校でのゴミ分別とリサイクル ほか)
第2章 ゴミから見た外国(地球がゴミにおおわれる
世界の国ぐにとゴミ ほか)
第3章 産業廃棄物とリサイクル(わたしたちのくらしと産業廃棄物
産業廃棄物とリサイクル ほか)
第4章 国や自治体の政策とゴミ(公共工事のゴミとリサイクル
ふえつづける核のゴミ ほか)

健康生活-環境問題
 L リサイクル・ごみ問題
  L リサイクルは資源のムダ使い 地球に正しい生活マニュアル
  L 新版 ごみから地球を考える
  L ごみ有料制の現状と政策争点―再論「ごみ、ちょっとまって有料化」
  L 実践・家庭ごみ有料化―制度設計と合意形成プロセス
  L リサイクルを調べる (地球の未来とゴミ学習)
  L ごみ問題100の知識
  L <読む・知る・使える>リサイクルのことがわかる事典
  L これでわかるごみ問題Q&A―ここが問題!日本のリサイクル法
  L リサイクル幻想
  L ゴミを調べる〈3〉社会活動とゴミ
  L ゴミを調べる〈2〉住まいと身の回りのゴミ
  L ゴミを調べる〈1〉衣・食生活とゴミ
  L 環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない
  L ごみ行政はどこが間違っているのか?―リサイクル社会を問い直す
  L ゴミとつきあおう―環境ホルモンがわかる本
  L ゴミを出さない暮らしのコツ―キラクで身近なエコロジー入門
  L 野生動物が見つめるゴミ列島―宮崎学のカメラ・アイ
  L ゴミがあふれている (みんなで考える地球環境シリーズ)

▼ 環境問題 関連DVD
 L 地球派宣言 (地球の声を聞きたい) [DVD]
 L 「素敵な宇宙船地球号」10周年特別選 DVD-BOX(3枚組)
 L モリゾー・キッコロ 地球環境の旅 [DVD]
 L 地球環境を守ろう 上巻 わたしたちのビオトープ/きれいな水を求めて/大気環境を探る
 L 地球環境を守ろう 下巻 酸性雨を調べる/手をつなぐ環境教育

環境学習教材
 L 環境カルタ
 L 環境地球儀 ブルー テラ

地球温暖化防止プロジェクト 検索でエコ貢献! LEAFBANK
ECO活動や社会貢献活動でオフィシャルブログを!Love&Peaceブログ


posted by 地球温暖化 at 06:25| 環境問題と地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。