2008年07月14日

グリーンIT 完全理解!

グリーンIT 完全理解!グリーンIT 完全理解!
(2008/06/19)
ITproグリーンIT取材班
価格:¥ 1,890 (税込)  国内配送料無料
商品詳細を見る

グリーンITとは?目に見えるCO2削減効果とは?IT機器の廃棄ルールは?制御技術やサーバーなど最新技術・製品の動向は?米国の動きは?―企業にとって今すぐ対応が必要な「グリーンIT」の基礎から最新トレンド、先端技術の詳細までがこれ1冊でわかる。すぐに使える「データ資料集」付き。

【商品の説明】
企業にとってIT機器の消費電力を抑えることが急務になっている。そのために必要な方策について、基礎から最新トレンド、先端技術の詳細までを網羅した必読書。
世界的な取り組みが進められている地球温暖化対策だが、現実には二酸化炭素の排出量は増え続けている。中でも、情報量の爆発に比例してIT機器の消費電力量が急上昇している。こうした現状を受けて、政府やITベンダーがIT機器の消費電力削減を目指す動きが活発化してきた。それが「グリーンIT」である。この書籍では、そもそもグリーンITとは何を目指しているのか、どうして今注目され出したのかという根本を確認し、グリーンIT実現のトレンドや要素技術の概要を解説する。

【登録情報】
# 単行本(ソフトカバー): 288ページ
# 出版社: 日経BP出版センター; A5版 (2008/6/19)
# 言語 日本語
# ISBN-10: 4822234215
# ISBN-13: 978-4822234218
# 発売日: 2008/6/19
# 商品の寸法: 21 x 15 x 1.8 cm

【カスタマーレビュー】
読者口コミ評価・感想知りたかった内容がよくわかった
東京都の環境条例が改正され、一般の事業所でも二酸化炭素排出量の報告や削減義務が課せられると聞いて、PCやサーバーの省電力化にいよいよ取り組まなくてはならないと思い、この本を購入した。ネット社会が広がって、PCなどのIT機器による電力消費が思った以上に問題になっていることがわかった。また、廃棄されたIT機器が海外で深刻な環境汚染源になっていることもわかり、グリーンITは再利用や捨て方まで考える必要があるというのも発見だった。サーバーの技術はどんどん進化するだろうが、現状の最新モデルの情報も参考になった。オフィスの省電力化を担当することになった人は、用語に慣れ、対策を話し合うのに役立つので、この本を読んでおくといいと思う。次回はオフィスの電力削減の費用対効果の事例をもっと入れて欲しい。

読者口コミ評価・感想環境教育と情報教育にまたがる領域
IT機器の消費電力増加によって環境に悪影響を及ぼしているという事実から出発して、どうすれば消費電力を削減できるかという、いわゆる「省エネ」と、 ITを積極的に活用して環境問題に貢献しようという「グリーンIT」。情報と環境を同時に意識するという意味では、今後最重要概念となるかもしれない力を秘めたコンセプト、それがグリーンITである。


省エネルギー
 L 図解ひと目でわかる 省エネ法・温対法対応“究極”マニュアル
 L 温対法と省エネ法の原単位問題―「全電源平均」と「火力平均」
 L これでわかるビルの省エネルギー―2006年改正「省エネ法」対応
 L ビルのエネルギー管理と省エネ法―「定期報告書」「中長期計画書」作成ガイド
 L グリーンIT コスト削減と温暖化対策を両立するIT効率化の戦略
 L グリーンIT 完全理解!
 L グリーン・トゥ・ゴールド―企業に高収益をもたらす「環境マネジメント」戦略
 L IT社会を環境で測る―グリーンIT

【エコ貢献】ピーターラビット検索ツールバー無料ダウンロード
ECO活動や社会貢献活動でオフィシャルブログを!Love&Peaceブログ


posted by 地球温暖化 at 06:19| エネルギー・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。