2005年07月08日

アジアリサイクル最前線―動き始めた循環資源

アジアリサイクル最前線―動き始めた循環資源アジアリサイクル最前線―動き始めた循環資源
(2005/03)
経済産業省産業技術環境局リサイクル推進課
価格:¥ 2,625 (税込) 1500円以上国内配送料無料
アジアリサイクル最前線 - 商品詳細を見る

産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会国際資源環境ワーキング・グループが、平成16年5月の設置から5ヶ月間、集中的に行った国際資源循環問題に関する議論の報告書。

【商品の説明】
人類は様々な物質循環を利用することによってはじめて経済活動を行うことができます。しかし、長い期間経済活動を行ってきたことが物質循環の乱れの原因となりました。人類は今後どのような資源循環システムを作るべきかが問われています。今後ビジネスセクターを中心とした広域の資源循環システムを作り上げる必要があります。特に、東アジア圏域を中心とした効率的な資源循環型社会構築が日本にとって当面の課題になります。その場合に一定のルールあるいは行動の枠組みが必要となります。本書では、第1章で国際資源循環問題の現状分析を行い、第2章で、国際資源循環問題についての、基本的な方向性や視点について整理を行い、第3章で、持続可能なアジア循環型経済社会権構築のための具体的な考え方や各主体が果たすべき役割を提言しております。第4章では、我が国における今後の総合的な施策展開の方向性を述べています。また、参考資料集として、図や表を多数取り扱い、複雑な数値等を判りやすく掲載しております。国際資源循環ワーキング・グループ委員からの報告内容や寄稿文も掲載し、具体的な提言を多数盛り込むとともに、巻末に、中国における循環型経済社会形成に向けた動向を掲載しており、貴重な参考資料となっております。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

【目次】
1 国際資源循環問題を巡る現状
2 対応に向けた基本的な方向性と視点
3 持続可能なアジア循環型経済社会圏構築のための課題―具体的な考え方・各主体が果たすべき役割
4 我が国における今後の総合的な施策展開の方向性
委員からの報告内容
寄稿文
参考資料集

【登録情報】
# 単行本: 285ページ
# 出版社: 経済産業調査会 (2005/03)
# ISBN-10: 4806527238
# ISBN-13: 978-4806527237
# 発売日: 2005/03
# 商品の寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm

リサイクル
 ┗ 本当は危ない有機野菜―リサイクル信仰が生み出す「恐怖の作物」
 ┗ 夢見るペットボトル―癒しのリサイクルアート
 ┗ 動く!遊べる!小学生のおもしろ工作―飛ぶ、浮かぶ、走る!作って楽しい30テーマ
 ┗ ペットボトルのリサイクル小物―楽しく作って!楽しく使える!ペットボトルのこもの大集合!!
 ┗ エコでトクする家事の本―掃除・洗濯・料理・リサイクルetc.
 ┗ ごみとリサイクル (ポプラディア情報館)
 ┗ 絵で見てわかるリサイクル事典―ペットボトルから携帯電話まで
 ┗ 資源・環境・リサイクル〈1〉人間と環境
 ┗ まるごとペットボトル ランド
 ┗ NHKひとりでできるもん! リサイクルでつくっちゃおう
 ┗ はじめての「USEDショップ」オープンBOOK
 ┗ 捨てずに売る!―インターネットでリサイクルshopを開こう

古着買取販売専門店『カンフル』のブランド古着高価買い取り
インターネットで気軽に本・CD・DVDを売ろう、高値買取のlivedoorリサイクル



ラベル:リサイクル
posted by 地球温暖化 at 03:15| 環境問題と地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。